2015年6月8日月曜日

青い山脈


作詞:西條八十
作曲:服部良一
編曲:服部克久

河合奈保子さんにはカバー曲のみのアルバムを作っておいてほしかった――。これは奈保子さんファン共通の願いだと思います。今はYouTubeなどで聴けますからまだ救われますが、逆に聴いてその素晴らしさを知り得るだけに、願いも強くなる一方です。上のメニュー「奈保子さんの音楽」にいくつかカバー曲の動画を掲載していますが、「精霊流し」「あなたの空をとびたい」「オリビアを聴きながら」など、どれも本当にすばらしい歌唱です。
(bloggerの動画はスマホやタブレットでは視聴できないようです。またPCでも読み込みにかなり時間がかかります。申し訳ございません。)

今日は、スタジオ収録での貴重なカバーであり、また異色のカバーとも言える「青い山脈」を取り上げてみたいと思います。

昭和47年生まれの私にとってもそうですが、昭和38年生まれの奈保子さんにとっても、「青い山脈」は懐メロ歌謡曲というより、むしろ“唱歌”と呼んでしまいたくなるような“古典”だったに違いありません。映画『青い山脈』の主題歌として、昭和24年に日本コロムビアから発売された曲。私自身、この人の日本語の発音を真似しなさいと学生時代に先生から言われた、藤山一郎さんの歌です。

子どもにとって唱歌や童謡などというものは、楽譜など見ず、適当に歌っているうちに沁みついてしまうもので、歌詞についてよくよく考えたりはしませんよね。♪兎追いしかの山~を「兎が美味しい」と思ったり、♪異人さんに連れられて~を「ひい爺さん」だと思ったり...。だから、というわけでもありませんが、私も「青い山脈」について、歌えはしても、詳しいことは何一つ知りませんでした。

今回ちょっとだけ調べてみて、特に興味をひかれたのは下記の記事です。
西條八十と懺悔としての『青い山脈』(永田喜嗣さん著)

戦時中、他の多くの詩人と同様、国策への協力を余儀なくされ、たくさんの戦時歌謡を作った西條八十が、戦後、自らの活動に対する懺悔としてこの詞を書いたのではないかという論旨です。1番の歌詞に出てくる「雪割桜」について触れるはずの第2回記事が見当たらないのは残念ですが、それについては別の方の下記の記事が参考になりました。
青山和子・神戸一郎「青い山脈」/「雪割桜」の思想(遊星王子さん著)

曲については上記のブログを読んでいただくとして、とにかく、こういう歴史に残る名曲を奈保子さんが歌うことになった。1985年に日本コロムビアが制作した2枚組のアルバム「SHOWA RHAPSODY~服部良一作品集」に収められたということですが、この名門レコード会社に所属するたくさんの歌手たちの中から、昭和を代表する1曲と言ってもいい「青い山脈」を歌う歌手として、奈保子さんが選ばれたのです。奈保子さんへの期待度の高さがうかがえますね。後追いファンの私も、なんだかとても嬉しくなってしまいます。(奈保子さんはもう1曲、「蘇州夜曲」も担当しています。これらは、NAOKO LIVE PREMIUMのDisc7「貴重音源集」に収録されています。)

奈保子さんは、この曲にまつわる歴史や物語をいったん切り離し、いつもの奈保子さんの流儀で、楽譜に記された歌詞と音符から得たイメージを大切に、若々しく、颯爽と歌っています。過去と決別し、輝く希望を胸に旅立つ人間の気持ちは、いつの世もそう変わることはない、とでも言いたげに。♪空のはて今日もわれらの夢を呼ぶ~という締めのフレーズでの伸びやかな、気持ちのよい声の響かせ方はどうでしょうか。そして、歌唱全体が光に満ちているからこそ、♪古い上衣よ さようなら~(2番)や、♪雨にぬれてる 焼け跡の~(3番)で奈保子さんが歌詞にそっとふきかける陰影が、聴く者の心をつかんではなさないのです。

というわけで、奈保子さんのカバーアルバムへの叶わぬ願いが、いっそう募ることとなる「青い山脈」でした。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。奈保子さんのカバー本当に良いですね。
    この「青い山脈」服部良一先生の没後20年の共同企画「服部良一没後20年共同企画 胸の振子~僕の音楽人生」のコロムビア編でも収録されているんですよ。
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00BUJ49EI/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1434117138&sr=1-4&keywords=%E6%9C%8D%E9%83%A8%E8%89%AF%E4%B8%80
    オリジナルの歌手はもとよりカバーされている歌手も錚々たる顔ぶれです。
    編曲を息子さんである克久さんがやっているところをみると先生の意向が
    あったのかもしれませんね。

    返信削除
    返信
    1. hiendさん、コメントありがとうございます。
      このCDの存在は知りませんでした。さっそく手に入れてみたいと思います。それにしても美空ひばりさん、雪村いづみさん、都はるみさん、島倉千代子さん、八代亜紀さんなど錚々たる顔ぶれですね。その中に奈保子さんが入っている。あらためて、嬉しくなってしまいました。

      削除